長男が一番相続出来る?

被相続人が亡くなった後、その子供たちはそれぞれに財産分与を行い遺産相続をすることができます。
兄妹間の中で遺産相続を行う場合、長男が当然のように一番多くの財産分与を受けることができると思っている人もいるようですが、あくまでも兄妹間で分与することができる財産というのは割合が同じものになっていますので、遺言書による指定や相続人全員の合意がなければ長男だからといって、たくさんの相続を受けることはできません。

長男だからといって多くの遺産をもらえるという決まりはどこにもない

長男で被相続人と同居し、被相続人の生活もしっかり面倒見ていたから自分が1番の財産をもらうことができて当然だと言う主張については気持ちの上の部分となってしまい、相続人全員の同意を得ることができなければ、平等な財産分与を受けることしかできなくなってしまいます。
自分自身が長男の立場である人の場合、こうした自分の気持ちの上の問題から相続問題に発展してしまうケースもあるので注意しましょう。
他の兄妹よりも多くの財産分与を受けたいと思っている場合には遺言書による被相続人からの指定が無ければ難しい事だと言えます。

遺産相続は親族間トラブルになりやすいので注意が必要

本当に仲が良く、相続人が全てが合意してくれるようなご家族であればトラブルに発展する可能性も低く、長男の取り分が多くなったりすることもあります。
しかし、遺産相続となれば目の色を変えるような兄妹が出てくる場合もあるので、一筋縄ではいかなくなってしまうようなケースがあります。
また自分の中では長男だからたくさんの財産を引き受けてよいという認識で主張しても、他の兄妹にしてみれば相続税はたくさん支払いたくないから長男に遺産相続をなすりつけてしまうなどというケースもあるので、単純にたくさんの遺産を受けることを考えるのではなく、その後相続税を支払っていかなくてはならない部分を考えた上で自分の取り分について主張しなければなりません。

相続したくない場合は相続放棄を行う

例えば非常にお金持ちのご家庭であったり、その他にも地主でたくさんの土地を持っているなどの場合には遺産相続をする際に、たくさんの相続分があり、羨ましいと周囲から言われたりすることがあります。
しかし、親族内の問題というのは親族同士にしかわからない部分があり、どんなにたくさんの財産が残っていても絶対に相続したくないと思っている人もいるでしょう。

このように思う理由は人それぞれに違うものですが、どうしても相続したくないという理由がある場合には相続放棄を行い、遺産相続をしなくて良い状態にすることができます。
相続の放棄をする際の理由は特に問われてしまったりすることがありませんので、個人的な理由で構いません。
ただ相続放棄をする際には必ず申告しなければなりませんので、これだけは行うようにしてください。

相続放棄をすれば遺産分割協議に参加する必要がなくなる

相続の放棄をすればプラスの分もマイナスな部分も一切自分で受け取る必要がなくなりますので、遺産相続協議そのものに参加する必要がなくなります。
ただ、相続の放棄に関しては口頭で相続を放棄するというだけではなく、上記したように必ず手続きを踏まなければなりませんので正式な形で相続放棄を行い、遺産相続問題とさよならすることが大切です。

相続したくないという理由には様々なものが考えられますが、被相続人と生前から仲たがいしており、一切関わりたくないと思っている場合や、相続協議のトラブルに巻き込まれたくないという場合、またその他、完全な良心から自分が受け取る部分の財産を他の相続人が受け取ってくれると良いと考えている場合などがあります。

遺産相続のトラブル解決は初期に税理士さんに相談

お昼の情報番組などをはじめとして、ゴールデンタイムでも遺産相続問題についてのトラブルが放送されることがあります。
遺産相続問題が起きた時、自分自身がどのように対処すれば良いのかを知らないと本当に大変な思いをしてしまうだけではなく、詳しい知識を持つ他の相続人にたくさんの財産を持って行かれてしまうような可能性さえありますから、基本的な知識をはじめとして自分のおかれている環境なども考えた上で今後、相続問題が発生した場合にはどうすれば良いのかを早い段階から考えておくと良いでしょう。

また親族の中にあからさまな財産目当てのものがいるといったケースではやはり前述の通り、何かしら理由をつけて自分の分与分を多くしようと目論んでいるようなケースが考えられますから、実際に相続問題が発生する前の段階からでも税理士さんに相談しておくと良いかもしれません。
税理士に相談しておけば、基本的な部分でのアドバイスがもらえるほかに実際相続問題が発生したときにすぐにでも対処してもらうことができます。

相談だけならさほど多くの費用が必要にはならない

上記のように被相続人の生前の相続問題についてご家族が相談するということは十分可能になっており、さらには被相続人となるご本人が今後の存続問題について税理士さんに様々な相談をするというケースもあります。
このような相談だけであればあまり費用も高くありませんから、積極的に相談しておくと良いでしょう。
また遺言書を作成していくといった場合についても、どのように遺言書作成すれば良いのか税理士さんも細かなことを教えてくれますが、さらに遺言執行人として弁護士さんを紹介してくれたりすることもあります。
さらには実際に相続問題が発生した場合に必要となる費用に関しても一律で決まっているものではなく、最終的にはどれだけの財産が残っていてスムーズな解決ができるのか、または調停などで争わなくてはいけないのかという違いによっても必要な費用は変わってきます。

もちろん調停で争うことになれば他の相続人と対立しなくてはならないばかりか、弁護士さんに相談しなければならないのですが、あらかじめ税理士さんに様々なことを相談しておくことで極端な話上でも説明したように、財産目当てのものがいると言った心配をしていたことも明確な相談内容として記憶に残りますから、相手の言い分ばかりが通ってしまうようなことはないでしょう。
被相続人が残してくれた財産を平等に分けるためにも相続問題について税理士さんの力は必要不可欠と言えます。

メールで相談できる税理士さんもいる

非常に多くの税理士事務所などがありますが、近年ではインターネット上からメールによって相談ができるといった税理士さんも増えてきました。
忙しくて足を運んでいる時間がないといったケースでも、まずはメールで相談することによって簡単なアドバイスをもらうことができるでしょう。
その上で、実際の相続問題については、当然ながら税理士事務所に足を運ぶことや分割協議に立ち会ってもらうことが必要となるのですが、まずは無料相談などをメールで行うことでどのような対応をしてくれる税理士さんなのかを把握することができます。

参考:神戸の遺産相続に強い法律事務所なら弁護士法人リーセット

ここであまりにもテンプレートのような返答を返してくる税理士さんであればあまり親身になってくれないと判断することもできますが、反対にとても細かく親身になってメールを返してくれる税理士さんであればその分安心感も大きく、ぜひお願いしたいと思うでしょう。
メール相談を無料で行っている税理士事務所もたくさんありますので、どんどん活用していくと良いです。