長男が一番相続出来る?

被相続人が亡くなった後、その子供たちはそれぞれに財産分与を行い遺産相続をすることができます。
兄妹間の中で遺産相続を行う場合、長男が当然のように一番多くの財産分与を受けることができると思っている人もいるようですが、あくまでも兄妹間で分与することができる財産というのは割合が同じものになっていますので、遺言書による指定や相続人全員の合意がなければ長男だからといって、たくさんの相続を受けることはできません。

長男だからといって多くの遺産をもらえるという決まりはどこにもない

長男で被相続人と同居し、被相続人の生活もしっかり面倒見ていたから自分が1番の財産をもらうことができて当然だと言う主張については気持ちの上の部分となってしまい、相続人全員の同意を得ることができなければ、平等な財産分与を受けることしかできなくなってしまいます。
自分自身が長男の立場である人の場合、こうした自分の気持ちの上の問題から相続問題に発展してしまうケースもあるので注意しましょう。
他の兄妹よりも多くの財産分与を受けたいと思っている場合には遺言書による被相続人からの指定が無ければ難しい事だと言えます。

遺産相続は親族間トラブルになりやすいので注意が必要

本当に仲が良く、相続人が全てが合意してくれるようなご家族であればトラブルに発展する可能性も低く、長男の取り分が多くなったりすることもあります。
しかし、遺産相続となれば目の色を変えるような兄妹が出てくる場合もあるので、一筋縄ではいかなくなってしまうようなケースがあります。
また自分の中では長男だからたくさんの財産を引き受けてよいという認識で主張しても、他の兄妹にしてみれば相続税はたくさん支払いたくないから長男に遺産相続をなすりつけてしまうなどというケースもあるので、単純にたくさんの遺産を受けることを考えるのではなく、その後相続税を支払っていかなくてはならない部分を考えた上で自分の取り分について主張しなければなりません。

相続したくない場合は相続放棄を行う

例えば非常にお金持ちのご家庭であったり、その他にも地主でたくさんの土地を持っているなどの場合には遺産相続をする際に、たくさんの相続分があり、羨ましいと周囲から言われたりすることがあります。
しかし、親族内の問題というのは親族同士にしかわからない部分があり、どんなにたくさんの財産が残っていても絶対に相続したくないと思っている人もいるでしょう。

このように思う理由は人それぞれに違うものですが、どうしても相続したくないという理由がある場合には相続放棄を行い、遺産相続をしなくて良い状態にすることができます。
相続の放棄をする際の理由は特に問われてしまったりすることがありませんので、個人的な理由で構いません。
ただ相続放棄をする際には必ず申告しなければなりませんので、これだけは行うようにしてください。

相続放棄をすれば遺産分割協議に参加する必要がなくなる

相続の放棄をすればプラスの分もマイナスな部分も一切自分で受け取る必要がなくなりますので、遺産相続協議そのものに参加する必要がなくなります。
ただ、相続の放棄に関しては口頭で相続を放棄するというだけではなく、上記したように必ず手続きを踏まなければなりませんので正式な形で相続放棄を行い、遺産相続問題とさよならすることが大切です。

相続したくないという理由には様々なものが考えられますが、被相続人と生前から仲たがいしており、一切関わりたくないと思っている場合や、相続協議のトラブルに巻き込まれたくないという場合、またその他、完全な良心から自分が受け取る部分の財産を他の相続人が受け取ってくれると良いと考えている場合などがあります。