土地や住宅の相続税は還付される可能性が高い

すでに支払った相続税でも戻ってくる可能性がある?

預貯金での財産分与ではなく、土地や建築物等の相続を受けた場合にはそれぞれの価値に応じて相続税を支払う必要があります。
これから支払う人の場合にはもちろん覚えておくおいて欲しいことですが、すでに相続税を支払ってしまったという場合であっても、支払った相続税の一部が還付される可能性が高いと言われています。
まず住宅が相続税の対象となる場合、どのようにして相続税を決めるのかというのは難しい問題になってきますが、しっかりと鑑定士による鑑定を行い、相続税が決められた訳でなければ一度、鑑定士による正確な鑑定を行うと良いでしょう。

再鑑定で不動産評価が低かった場合は相続税還付の申し出が可能

鑑定士に細かな部分まで鑑定をしてもらい、支払った相続税に値するほどの価値が無かった場合、相続税の還付を申し出ることが可能になっています。
対象となっているものの鑑定方法は非常に詳細なものとなっているので熟練した鑑定士が鑑定を行った場合、相続税が決定した段階での価値がないケースがあります。
相続税が決定する際にはあくまでも坪単価などによって土地の価値は決められ相続税が決まってきますが、鑑定士にしっかりと鑑定を行ってもらうことで坪単価ではなく、土地の価格そのものが引き下がる可能性があります。

鑑定をせずに相続税を払っている場合は一度再鑑定をするべき

住宅に関しても同じことが言えるので、鑑定をせずに相続税を支払ってしまった場合には早急に一度鑑定を受けると良いでしょう。
還付される税金の金額については、鑑定後でなければ決定しませんが、非常に高く大きな負担となってしまう相続税が少しでも還付されれば、助かる人はたくさんいるはずです。
あまりにも長期間が経過してしまえば鑑定結果でも価値はなくなってしまうので、特に相続税を支払ってしまった人の場合、還付対象の期間内であるかどうかを確認した上で対象になっているのであれば、鑑定を受けてみると良いでしょう。